第六十一话:请坐【どうぞ座って下さい】

バスで一本…とはいえ、乗り心地の悪いバスに揺られた約2時間は本当に長く感じました。

前日には経由地「石老人」駅へ電車で行って、バス停の下見に行きました。観光ハンドブックには、「石老人駅」から崂山行きのバスが出ていると書いてあったので現地へ行って確認したところ、我々の泊まったホテルのすぐ近くのバス停も経由していることが判明。翌日、早朝7時のバスに乗りました。兄の買ったマズそうなお菓子は、やっぱりマズかったですね〜。美味しいお菓子もたくさんあるんですが、ハズレを当てる天才なのかもしれません。

「石老人」駅周辺は海水浴場がある観光都市で、最新型のビルも立ち並んでいました。開発したてホヤホヤといった雰囲気で、その先はのどかな田園風景が残っていました。

今回はただバスに乗るだけの回でしたが、席を譲る兄の姿と、オッチャンの残した言葉が印象的だったので描いておきました。3ヶ月ぶりの更新になってしまいましたが、今年の冬コミ、3巻刊行目指して更新します!ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です