第四十三话:鲁壁【魯の壁】

私はキングダムファンなので、始皇帝と聞くとキャーキャーしてしまうんですが、実はこの始皇帝こそが儒教弾圧、論語なども燃やすよう命じた【焚本坑儒】の人です。後から調べましたら、この壁の中に儒教の本を隠して守ったそうです。

法で統治したいと思う始皇帝と、儒教の素晴らしさを後世に残したい人々。そのせめぎ合った軌跡がこの魯の壁そのものというわけですね。

この魯の壁、メインストリートではなく脇道にそっと佇んでいるので訪れる時は見落とさないようお気をつけ下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です