第三十六话:买高铁票吧【高速鉄道の切符を買おう!】

【日中訳】

〜青島北駅〜

「啊ーーーーー」「切符1枚で一万円ですか?」「はい、乗車時間は6時間です。」「乘车六小时需要一万日元…怎么办?」「哥哥,哥哥…」「(我后面的不认识的大叔距离很近!)」「(那是,为了不被插队,把距离缩短了。不介意!)」「今天回去了…」

〜第二天〜

「青島から曲阜へ行くのに6時間もかからないわよ。3時間で行けるわ。」「本当に?!」「あなた達は外国人だから 、良い切符が買えないのね。待ってなさい、私が代わりにあなたの切符を買うから。」「ピッ!」「今、買えたわよ」「先生、ありがとう〜!!」「帰りの切符は何時ですか?」「帰りの切符…?」

「帰りの切符の切符の事を忘れてたわ…」「啊…?」「直通が無いけど、でも威海経由の切符なら有るわよ!」「威海?!」「曲阜に一泊して、2日目は威海を観光した後に帰りなさいな!」「想当天往返〜〜、但是,据说一晚二天就应该观光」「威海远吗?」「也就是说,我们像时钟一样转一圈」「哇」「日本的情况下,目的地是大阪,仙台也顺便去,然后回去后再回去。和这种情况相似」「还游山东!」

と、いうわけで…一度は良い切符が買えず諦めた曲阜行きですが、翌日、兄がそのことを学校で話したら老师が切符を買ってくれました!青島北駅からは出てないけど、青島駅から発車の切符ならある、と見つけてくれました。

しかし行きに気を取られて片道切符を購入、帰りの切符は経由地の威海で6時間滞在する必要がある切符しか残っていなかったのです…。曲阜で一泊、威海を観光するスケジュールになりました。

この話は瞬く間に職員室でも話題になり(何でや)、さらに翌日、私の担当の老师に「曲阜行くんだ〜」と話すと、「ああ、知ってる 切符買ってもらったんだよね 」って!情報の共有早いな?!職員室では特に私たち日本兄妹の話題すぐ広まります。いいけどね…。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です