第二十五话:青岛的海【青島の海】

青島の海を見に行きました。写真にある赤いモニュメントは「5月の風」という彫塑です。歩きながら見ると、不思議と回転しているように見えるようにデザインされており、青島のシンボル的存在になっています。この海の辺りは『五四広場』という場所で、北京オリンピックのヨットレースの競技場になった場所だそうです。

五月の風【昼】

五月の風【ライトアップver.】

2コマ目でお気づきの方もいると思いますが、信号に「秒数」がついています!青の時は渡ってOKの時間、赤の時は青に変わるまでの時間が表示されます。車両側の信号も同様だったはず…。このシステムは良いですね!はたまた、信号無視を減らすための苦肉の策なのか…設置に至った経緯は知りませんが、それでも赤信号で渡る人は多かったです。私なんて青でもビビっていたというのに…。日本と違って、左折で容赦なく突っ込んできますので青信号でも気が抜けません。そこは、みんなで渡れば怖くない精神。車が来る方向に自分以外の人を盾にしながら渡るというスキルで切り抜けました。

岩場の近くの海岸で腰をかがめて、何かを楽しんでいる人たち。ヤドカリやカニでもいるのかな?と思い、降りてみたところ、全員海藻採りに夢中でしたね・・・。生き物探しましたが、何もいません。本当に、コワイくらい、何もいないんです!(笑)袋いっぱいに収穫しているのですが、そんっなに食べるのか…?あるいは飲食店なのか…?だとしたら、ここで収穫したワカメがスープに登場してくるのか…?様々な憶測が飛び交いますが、「まぁみんな楽しそうだし、いっか!」と、考える事をやめる道を選びました…。こちらからは以上です。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です