第十九话:去语言学校(二)【言語学校へ行こう②】

↑「本当に?すごく疲れてるように見えるけど…?」

やっと私の老师、登場です!「先生」は中国語で男性への敬称の意味になるので、ややこしくなりそうなので以降、この漫画とブログでは中国語サイドで「老师(lǎoshī)」と呼ぶことにします。

老师は、とっても優しくて楽しい人でした!楽しい留学生活を送ることができたのも、老师のおかげである部分が大きいと思います。私は午前中2時間ずつ、平日週5で通いました。超初心者からのスタートです。

老师とは、帰国した今でも仲良くさせてもらっています。(このエピソードも、そのうち…。)

あ、教室の名前が路の名前でした。私の部屋は、「中山路」日本でいえば「銀座通り」だとか「中央大通り」だとか、そんなよくある繁華街の名称のようです。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です