第十五话:夜不黑【夜なのに暗くない】

兄は15年前の北京を体験しているので、よほどショックだったようです。嬉しいような、物足りないような、複雑な心境のようでしたが、こんなに綺麗なら2年くらい滞在したい!とも言っていました。いや~~私も、まさかこんな素敵な夜景が待ち受けているとは思いませんでした。昼間がどこも暗かっただけに、夜は自分の身体も見えないくらい暗いのでは…?なんて覚悟していました。驚きました。でも、裏路地に入ると暗い道もありますね。

この夜景がまた、スカイツリーばりに色とりどりに変化したりするタイプなんですね~。街全体で巨大な夜景を作っていて、スケールのでかさを痛感しました…。青島でこんなに綺麗なら、上海や香港は、一体どうなってしまっているのか…。いつか必ず行くぞ-!




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です