第九话:在中国的联系方式【中国での連絡手段】

中国では基本的に携帯電話を使わない生活を送りました。ポケットWifiのレンタルだとか、海外でも通話が出来るように…というのは、中国ではただの「学生」になる私たちには贅沢な代物です。ホテルでは無料のWifiが使えたので、2~3日ごとに母にメールを送りました。

私のドコモメールはWIFI環境に居ればすぐに受信してくれるのですが、兄のメールは「センター問い合わせ」をしないと受信しないらしく、それもあって「面倒だ!」というのです。何があっても部屋に戻って内線をかけてから会うことになりました。まぁ私は、学校以外はほとんど部屋に引きこもっていたので、楽だったんですけど・・・。

★中国でのアプリ規制★

中国ではLINE、Twitter、YOUTUBEなどの閲覧が出来ません。どーにかこーにか裏技(VPN等)を使ってようやく見れるようですけど。メッセージが届いた直後、送り主はわかりますが、内容のメッセージを読むことができないのです。yahooメールはスマホ用のメールアプリを入れておくとWIFI環境で使用できます。

〇・・・yahooメール、ドコモメール
△・・・LINEYOUTUBEFacebookTwitter

LINEが使えないことを危惧して、出国前にWECHAT(微信)をダウンロードしておき、何かあったらここに連絡してくれと知人に伝えていたものの、1通も何も来なかったですね!便りがないのは元気な証拠といいますが…。

★中国の電圧は220V、周波数は50Hz★

iphoneの充電器は全世界対応なので変圧器要らずです。が!部屋のコンセントが緩い箇所が何か所かあり、コンセントに刺しても充電されてないこともありました。ベッド横のコンセントは特に緩かったです…。部屋の隅にあるコンセントは使用できました!諦めないで!




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です