第四话 年年有余(nián nián yǒu yú)

年年有余=年年有鱼

毎年余りあるほどお金に余裕ある生活、〝余り〟という字は〝魚〟と同音なのでお正月期間は魚を飾るんだそうです。食べちゃダメと言われましたが、お正月が過ぎたら普通に食べました。(部屋が寒いので放っておいてもなかなか腐らず大丈夫!)

お金というキーワードに関する縁担ぎは、本当に多いですね〜。この金魚は義父が世話しているのですが、やはり風水的な意味合いで飼っていたようです。お正月期間はスーパーで〝お金持ちになろうぜ〟ソングが流れっぱなし。この貪欲さ、圧倒されます。初めての春節でした。